ルール解説 ・・・・・・・・フィギュアスケートの基礎知識

ホーム > ルール解説 > フィギュアスケートの基礎知識 > スケートリンクのサイズ

スケートリンクのサイズ

フィギュアスケートに使用するスケートリンクのサイズについて、ISUではこの様に明記されています。
○ 「60m×30m」が望ましい。また、これより大きいサイズでないようにする。
○ 「56m×26m」以上のサイズであること。
北米では、「60m×30m」のリンクは少なく、アイスホッケーの試合で使用される「約61m×約26m(正確には200フィート×85フィート)」のリンクの方が一般的です。カナダで行われた2013年の世界選手権で使用されたリンクがこれになります。幅が約4メートル短く、リンクサイドの壁に衝突する選手もいました。普段の練習で使用しているリンクが大きい選手には、少しやりづらかったようです。男子の4回転ジャンプペアのリフトやツイストなどの大技を行う際は、かなりスピードを出すのでリンクのサイズは気になるところです。